最近急激に太り始めた私。年齢とともに太りやすくなった

雑記たち

最近、なんだか体が重いのです。そして、なんだか体のどこもかしこも肉が余ってる気がするのです。例えば、お腹とか、背中とか、足とか、二の腕とか。体をよじったり、腰を曲げたり、かがんだりといった動作をすると、挟まれたお肉の存在を実感するのです。これは、もしかして、太ったということでしょうか。

私は中学生ぐらいからあまり体重が変わらず生きてきました。体型も年齢に応じて少しずつ変化はしていきましたが、だいたいは同じような状態を維持してきました。痩せてるとはいえないけど、太ってもいない、健康的な体型だと思います。本当はもうちょっと痩せててもいいんだけどなぁ、とか、足がもうちょっと細かったらなぁ、なんて思うこともあります。だけど、おおむねこんなもんだろう、と満足して生きてきたのです。

それがこの数か月で急激に太りつつあるようです。思えば、私の母も、今の私の年頃から太ってきたと話していた記憶があります。大昔の若い頃の母は写真を見ても、私とは比較にならないほどスマートですらりとしていて本人曰く「モデルさんみたいだった」ようです。

それが私が子供のころには少しずつ体重が増加していって、今ではかなりインパクトのある体型をしています。もしかして、あれは私の未来図なのか、と最近考えつつあります。

必要以上に痩せる必要はないと思いますが、それでもちょっと前の自分くらいの体型で今後も維持し続けて年をとっていきたいと思ってます。そのためには、まずは、食生活を見直してみようかなと思います。

ダイエット 短期

保存